海外SIMフリースマホの修理のことならおまかせください。お問い合わせやお見積りは無料です!

月額費用や通信速度よりも修理サポートの充実度について調査!MVNO(格安SIM)の選び方

ホーム > ブログ > 修理に関する情報 > 月額費用や通信速度…

月額費用や通信速度の比較など、MVNO(格安SIM)と契約する上でいろいろな視点での比較は至る所でされていますので、修理をについて追究する者としては、各会社の修理の保証がどれだけ充実しているかを深堀りしてみたいと思います。MVNOを選ぶ時の、SIMフリースマホを買うときの参考になれば嬉しく思います。
※なおiPhoneの修理のことを入れてしまうと話がややこしくなるため、今回はAndoroid端末に限定してお伝えします。

端末とセットでSIMを契約した場合

表をご覧ください。こちらは各MVNO会社の端末保証プランです。

どこも似たり寄ったりです。ちょっと分かりにくいため、仮にZenfone3 5.2イ ンチ(国内モデル)を各MVNOと契約した場合の、故障時の修理費用のシュミレーションをしてみました。※YモバイルはZenfone3の販売が無いため除外。

大きくメーカー保証内と保証外の故障に分けていますが、メーカー保証内の故障が発生した場合は加入からの期間によりますが、端末保証プランに加入していない方がむしろ安くなります。また、注意したいのは故障が発生してもMVNO各社ともに基本はメーカー修理に丸投げです。そのための料金を支払っているにも関わらず、なんて冷たい対応と感じてしまいます。

逆に誤って落として画面が割れてしまった時の修理費用はあまり変わりません。これは端末そのものの価格にもよります。例えば、定価が2万円の端末と定価が10万円の端末は液晶パネルなどの部品の価格が全く異なります。高いものほど、部品も高いため、端末保証に入るべきです。逆に2万円程度の端末は保証に入らなくても良いかな、と個人的には思います。その分、画面に張り付ける強化ガラスや保護カバーにお金をかけた方が良さそうです。

SIMだけ契約した場合

逆にSIMだけ契約した場合の保証内容はどうなるでしょうか?

実は中身はほとんど変わりません。
月額料金が100円程度高いだけでほとんど保証内容は変わらないことが分かります。
ただし、Yモバイルだけ、各社と異なり「自分の責任でなんとかしてね」というスタンスとなっているようです。ここまでくるとかなり潔いですね。

また、注意して頂きたい点は、海外モデルのSIMフリー端末はサポート対象外となっております。例えば、海外モデルのZenfone3は自己責任での修理となります。MVNOも国内メーカーも手伝ってくれません。これは当たり前の話ではありますが、格安SIMフリー端末が増えて、この部分のことをあまり考えずに海外モデルを購入してトラブルになるケースが増えています。
詳しくはこちらの記事を参照ください。

キャリアの保証内容

基本的な構造は格安SIMと同じですね。どちらかというか、キャリアのプランを参考に作ったのがMVNO会社のプランだとは思いますが…。

当ショップの保証内容

端末を購入して頂いた方

・メーカー保証内修理:0円(端末製造月から1年間)
・メーカー保証外修理(落下破損、水没):実費
・手数料:1回目は無料、2回目以降は5,000円

修理のみの依頼

・メーカー保証内修理:0円(端末製造月から1年間)
・メーカー保証外修理(落下破損、水没):実費
・手数料:5,000円

当ショップでZenfone3 5.2インチをご購入かつ修理をご依頼頂いた場合は、メーカー保証内の修理であれば、1年以内なら修理は無料です。※詳しくはこちらをご覧ください。

(注意事項)当記事は2/16時点での価格やサービスとなります。今後サービス内容が変わる場合もございますので、詳細については必ず各社のHPをご参考くださいませ。