海外SIMフリースマホの修理のことならおまかせください。お問い合わせやお見積りは無料です!

Zenfone3が故障・文鎮化する前にスマホのデータを簡単にバックアップする方法

ホーム > ブログ > 修理に関する情報 > Zenfone3が…

最新の海外版のSIMフリー端末はZenfone3に限らず、簡単に修理ができないことはお伝えしましたが、その際に少し触れたスマホのデータをバックアップする方法をお伝えします。

「JSバックアップ」というアプリなのですが、操作が簡単でインストールから5分もあればバックアップ作業がスタートします。

無料
操作のしやすいデザイン
Google Driveでも保存できる
がこのアプリの良い点です。

データのバックアップをしたことないから不安…という方もいらっしゃると思いますし、実際私自身もそうでした。だけど以外と簡単です。

スマホが故障したらもっと面倒なことになります。特にスマホを落としたりした訳でもなく、通常使用の範囲で文鎮化と呼ばれる症状は本当に突然やってきます。とても恐ろしい症状ですが、そうなってしまうとデータを呼び戻す方法がありません。

データが無くなってしまってからでは手遅れです。
もしもの時備えてしっかりと前始末をすることをおススメします。

JSバックアップでのバックアップ方法

手順① スマホアプリのインストール

     

なお、PCで操作もできますが、今回はスマホアプリだけを使用します。下記の3つで完了です。

・「Play Store」から「JSバックアップ」を検索してインストール。
・規約の同意
・JSバックアップからのアクセス許可

手順②バックアップのスタート

アプリをインストールすると、
・バックアップ&復元
・かんたんデータ意向
・データ確認
・データ整理
の4つのメニューが現れますので、 「バックアップ&復元」を選択します。

  

次のページで「バックアップする」を選択します。

バックアップ先を選択する画面となるので、好きなバックアップ先を選択、スタートボタンをタッチします。
・Google(推奨)
・Dropbox
・データ保管BOX(ドコモ)
・SugerSync
・SDカード

 

とりあえずGoogle Driveを選択。
ログイン画面となるため、ログインして、バックアップをスタートさせます。

  

手順③ バックアップデータの保存

特にすることはありません。
アプリに頑張ってもらいましょう。

なお、Wi-Fi接続が推奨となっておりますので、ご自宅など整った環境でバックアップをしてください。
※これかなり重要です。データ容量が大きいほど(特に画像)バックアップに時間がかかります。
私の場合、50分程度かかりました。

  

手順④ バックアップの完了

本当にバックアップがされたか確認してみましょう。
Dropboxを確認するとデータが保存されていることが分かります。
これで完了。
スマホの操作だけで簡単です。

    

バックアップできるデータ

・標準アプリデータ(電話帳、カレンダー、ブックマークなど)
・画像
・動画
・音楽
・文書
・ジョルテアプリ
となっています。

定期的にデータのバックアップを取ることは難しくても、一度でもデータを保存しておけば、電話帳が無くなって彼女や上司の電話番号が分からなくなったり、何年も前に撮影した大切な写真を失うことになったり、そんな不測の事態は避けられます。

声を大にして叫びたいくらいですが、もう一度繰り返します。
画面が突然消えてしまう、このような状況は誰にでも起こりうる話です。
ぜひデータのバックアップをして大切なデータを守りましょう。